2021年外国語カタログ
52/73

Q.マグネットタイプとボードタイプどちらが良いかな?A.マグネットタイプは、コンパクトに収納でき持ち運びにも便利です。一方で、ボードタイプは収納場所はマグネットタイプより必要になりますが、丸めて収納する手間もなく表裏(両面)使用できるタイプがあり用途にあわせて使用することが可能です。Q.黒板タイプ・白板タイプどちらを選ぼうかな?A.教室で使われているのが黒板・白板のどちらかで選ばれては如何でしょうか。教室の設備が黒板の場合は、黒板タイプのほうが、いずれもチョークで書き消しできるので便利かもしれません。但し、マグネットタイプやボードタイプでもアルミ製や樹脂製については、柔らかい石膏カルシウム製チョークをご使用下さい。硬い炭酸カルシウム製チョークを使用すると製品に傷がつき消えにくくなります。令和2年度から小学校の外国語教科書では、四線の間隔が1:2:1、5:6:5、4:3:4などがあります。使用する教科書によって四線教具を選んで頂くのが良いか思います。しかし、中学校に進級した際には等間隔の四線を使用することになるため弊社では、1:2:1と等間隔の四線に移行した場合にも違和感なく書くことができる5:6:5をご用意しております。※特注で4:3:4の四線も製作可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。さまざまな種類がありますので、四線選びにお悩みの先生へ選ぶときのポイントについてご説明します。17241727173817321730163517551745小学校の外国語活動・外国語で使用する四線選びのポイント!四線黒板・白板52

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る